福寿館TOPページ>福寿館のこだわり

「福寿館」は最上級の黒毛和牛を皆様にお届けいたします。

厳選された血統書付きの黒毛和牛を環境のよい牧場で丹精込めて育てあげ、安全で美味しい牛肉を安定して皆様にお届けしています。 最高の肉の旨みを存分にお楽しみいただけると信じております。本館レストランで、行楽のお供のお弁当で、お世話になった方へのご贈答に、様々なシーンに自信をもってお出しできる福寿館のお肉へのこだわりです。
  安定した牛肉をお届けするために選び抜いた子牛を恵まれた環境の中、独自の方法で丹精込めて飼育しています。

生後10~20ヵ月の子牛が約1500頭集まる子牛市場の中でメスのみ血統、牛の発育状況、型などをしっかり見極め20頭前後を厳選し”セリ”で買い付けをしています。

いい子牛は、”セリ”で高値をつけますがほとんど”買い切り”ます。
決して妥協はしません。

 
牛にストレスは、大敵。少しでも、ストレスのかからないように、水、空気、など環境のよい、田舎で、化学、配合飼料を一切つかわず、1頭づつ発育状況を見ながら昔ながらのエサで、時間をかけて育てています。
山形県西川町 【直営牛舎】
発育状況をプロの目でみれば、何を求めているのかすぐわかります。それを、おぎないながら、1000頭の子牛を飼育しています。
  エサの消化を助けるために、ビールを飲ませることもあります。よい牛肉を作るためならこのような事も行います。どんな苦労も惜しみません。

1000頭の和牛がいると中には季節などにより食欲がなくなる和牛がいます。

 
そういう時は、消化を促進させるためにビールを飲ませることもあります。1頭づつの健康状態に気をつけて、すばらしい牛肉をつくるためには、どんな苦労も惜しみません。
【牛の体調を見極めて時にはビールを飲ませます】
  福寿館の品質追及はそれだけではありません。
皆様の食卓へお届けさせていただくまで、何ひとつ妥協はいたしません。

直営牧場以外に、生体市場、枝肉市場でも仕入れをしていますが、美味しい牛肉を安心して皆様に召し上がっていただくためにパーツでの仕入れは一切しておりません。
 
和牛、枝肉、すべて一頭単位で仕入れをしております。だからどの部分をお召し上がりいただいても美味しいのです。
   
「陳列で牛を生き返らせろ。1頭全部きれいに食べていただくことが牛に対する供養になる」という社長の言葉どおり、それを合言葉に熟練した技術で丁寧に、大切に牛肉を取り扱っています。それが丹精込めて育てあげた牛への愛情なのです。戦後はいばら方面には数多くの和牛生産農家がありましたが、時代の流れにつれ、だんだんその数が減り、はいばらの和牛の数も激減しました。このはいばらの肉を絶やさぬよう、当社は、独自の飼育方法を確立し、直営牧場で、安定した上質の牛肉を生産しています。
また、全国の和牛の生体・枝肉市場をまわり、特撰の和牛を仕入れています。
皆様のご要望にお応えして様々な切り方をした牛肉を販売しております。ご要望にお応えするためのお客様のご意見を伺い日々進歩いたします。
 
   
     
Copyright(C) 2009 FUKUJUKAN ALL RIGHTS RESERVED.